WEB大へのよ展 | 実験アートサロン misin-ya

LINEでmisin-ya情報を月に一度お届け。お店トークでお気軽にお問い合わせもできます!
ぜひお友達登録してくださいね。↓↓



終了しました。
『わんげる。×へうげもの』から生まれた「へのよ」、misin-yaに登場!

*写真 上:週刊モーニング連載中「へうげもの」第14服第百四十四席に登場する「へのよ」。
山田芳裕『へうげもの』(講談社「モーニング」連載中) 単行本既刊1〜20激陶発売中
山田浩之が中心メンバーとして参戦するスピンオフ企画「激陶者集団へうげ十作」も激闘中、やまだあやこも末席で参戦
東京・織部下北沢店で主要作家の作品を常設販売中、山田浩之のもあります

わんげる【碗げる】(動):器を仕覆(専用の袋)などに入れて持ち歩き、呑み屋やコンビニなどで用いる行為。 「わんげる。」は、器を外に持ち出すことを勧めていこうとする企画です。

「むか~し、昔、陶器は生活に大切な容器でした。酒屋では専用の名前入りの一升徳利にお酒を入れてくれました。そこにはたしかに遊びがあった。しかめっ面の織部は首を傾げながら瓢箪を見て「へのよ」と呟いた」山田芳裕『へうげもの』(講談社モーニングKC)を読んで/山田浩之(世界わんげる。評議会議長)

古くから、人は旅に茶碗を持ち歩き、旅先で一服することを旅の一つの楽しみとしてきました。
コンビニでは缶コーヒーではなく、挽きたてのドリップコーヒーを紙コップで飲むことが出来ます。
それを自分の特別なカップで飲めば、
コンビニの外の世界の風景も変わってくるに違いありません。
居酒屋に、お気に入りのぐい呑を持ち込めば、お酒もすすむし、話題も増えるでしょう。
へのよを持ち歩けば、かっこよくお酒を飲むことができます。

遊び心とは、そんな少しの面倒臭さを乗り越えた者だけが
持つことを許される心ではないかと思います。

さあ、へのよを引っ提げて街に繰り出しましょう!!



へのよをたくさん陳列しておりまする。こちらよりお入りください。↓↓
へのよ展は2015.8.31まで。

わんげる。FB
https://www.facebook.com/wangeru
モーニング公式サイト
http://morning.moae.jp/lineup/13
へうげものFB
https://www.facebook.com/hyougemono55
へうげものTwitter
https:///twitter.com/hyougemono1
へうげものインディ企画
下北澤織部文化中心乙種FB
https://facebook.com/otsudane
激陶者集団へうげ十作公開グループページ(参加自由)
https://www.facebook.com/groups/hyougejissaku2015/
織部下北沢店
http://oribe-shimokita.tumblr.com/
へのよ作者 山田浩之ウェブサイト
http://miyamachihouse.com/ya

お、景気がいいねぇ~